雑多な情報をお届け中♪

目に止まった雑多な情報を日々お届け中♪あんなものやら、こんなものまで。あなたの欲しい情報が見つかりましたか?
Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「かごめかごめ」に秘められた謎 

かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる・・・・

この歌をみんなで歌い、真ん中に鬼が目をつぶって座って、歌が終わったら後ろの人をあてる。
こんな遊びを子供の頃したでしょう。

この「かごめかごめ」には、色々な謎が秘められているってしってますか?

地域によって若干歌詞が異なったりするのですが、最も多いとされる歌詞はこれっぽ。

かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる
夜明けの晩に 鶴と亀が滑った 後ろの正面だあれ?


この歌と、あの有名な「徳川埋蔵金」が関係しているのです!

では、解説を・・・

かごめとは・・・六芒星のような籠の編み目
となります。徳川家康が建てた寺や神社を線で結ぶと、なんと六芒星になります。この六芒星の中心に、日光東照宮が位置するという恐るべき事実があります。

他の歌詞上のキーワードをドンドン、日光東照宮にある物で置き換えていきましょう。

籠の中の鳥・・・鳥居
夜明けの晩に鶴と亀がすべった・・・東照宮には鶴と亀の像があります!夜明けの晩というのは、世が明け、明るくなったのに晩のように暗い。すなわち朝日が当たって出来た影を指します。「すべった」は統べるを指すと思われます。すなわち、鶴と亀の像の影の先に統一するものがある。埋蔵金があると解釈できるわけです。

では、鶴と亀の像の先には何が?
調べてみると・・・驚愕の事実が・・・

鶴と亀の像の先には、「見ざる言わざる聞かざる」の木彫りがあります。この木彫りの猿は、ある方向を見つめています。その方向を更に調べてみると、なんと!

眠り猫の門

があるのです!埋蔵金への門です!!

この門を潜り進んでいくと、徳川家の一人のお墓があるのです。

そして、歌詞の最後のフレーズ。後ろの正面だあれ?
このお墓の後ろには祠があるのです。そして、祠には六芒星の上が欠けて、まるで下を示しているようなマークが記されているのです。

実際、この祠周辺の調査をした事があるそうです。ソナー等で地下を調べるとほぼ間違いなく「何かが埋まっている」という調査結果もあるそうです。

しかし、国の重要文化財であり世界遺産でもあることから、掘り起こして調査することは現時点では、ほぼ無理と言われています。

ただの都市伝説かもしれません。

しかし、ここまで奇妙に一致する解釈も中々見つからないものと思います。
昔から伝わる歌には、謎が秘められて伝承されている事が多々あります。ロマンを感じますね。

スポンサーサイト
[ 2009/06/21 08:57 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ひでくりっく

Author:ひでくりっく
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
利用中ASP
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。